2024年5月10日金曜日

第218回金曜会のお知らせ

 今回の演者はペンシルバニア大学でResearch Assistantとして研究をされている石河真幸先生です。骨髄形質細胞の寿命を制御するメカニズムについて最近のNatureに報告された結果を中心に、お話しいただきます。https://www.nature.com/articles/s41586-024-07047-2

また石河先生はNIH stadmansemi-finalistに選ばれており、の経験も共有していただきます。(5/10 updated)


石河先生は2007年に渡米されNIH でポスドクとしてキャリアをスタートされ2015年までNIDCRで研究をされた後に帰国、2015年から2021年まで東北大学歯学部で助教として勤務されておられました。その期間で2019年に再びNCIGuest Researcherとして戻られ、2021年より現職のペンシルベニア大学で研究員をされておられます。石河先生が見出された日本とアメリカの研究環境の違い、さらにはNIHとアメリカの大学との研究環境の違いについて、石河先生のキャリアの中で、どの様に考えその時々のチャンスをものにして来られたのかについても、可能な限りお話しいただく予定です。若手・ベテランを問わず、是非多くの皆様にご参加いただければと思います。

 

*******************************************************

218 NIH金曜会 

 

講演会

 2024517日午後530より(7時終了予定)

 Building 372カンファレンスルーム (Room #2041/2107)

 

演題

 形質細胞の”Home Sweet Home”

 

演者

 石河 真幸 先生

 Research Associate

 Department of Pathology and Laboratory Medicine,

 Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania

 

懇親会

 午後730分ごろより 

 Rock Bottom Restaurant & Brewery (7900 Norfolk Ave, Bethesda)

*******************************************************




2024年4月3日水曜日

【2週連続開催】第217回金曜会のお知らせ

419日開催の第217回金曜会は演者の方のご希望で情報のWeb掲載を控えさせていただいております。

お問い合わせご希望の方はNIH金曜会幹事までご連絡ください。

2024年4月2日火曜日

第216回金曜会のお知らせ

412第216回金曜会は日本から素晴らしい演者お2人をお迎えして金曜会セミナーを開催いたします。

1人目の演者は京都大学医生物学研究所の宮崎正輝先生です。宮崎先生は血液腫瘍内科のバックグラウンドをもち、血球分化、特にリンパ球分化における転写制御メカニズムと系列決定について研究されています。宮崎先生にはこれまでの研究を総括していただくともに、最新のsingle cell multiome解析を用いたT細胞と自然リンパ球の分化の分岐点制御機構についてもお話ししていただく予定です。
 
そして2人目の演者は国立がん研究センターの大橋紹宏先生です。大橋先生はアカデミアと製薬企業を往復しつつ数々の業績を残してこられたというユニークなキャリアをお持ちの先生で、今回は最近発表なさったCDC7を標的とした新規抗がん剤候補のお話とともに、先生のキャリアパスについてもお話しいただく予定です。
 
今回異なる分野の先生お2人をお迎えしておりますので、ぜひ様々な興味分野の皆様にお集まりいただき、新たなシナジーが起こる場になったらと期待しております!

*******************************************************
216 NIH金曜会 

講演会
 2024412日午後5時よりIn person限定
 @Building 37 2階カンファレンスルーム (Room #2041/2107)

演者・演題
(前半)
 宮崎 正輝先生
 京都大学医生物学研究所

 To B (T) or not to B (T). That is the question.
 ~獲得免疫リンパ球の分化と転写制御機構~

(後半)
 大橋 紹宏先生
 国立がん研究センター、先端医療開発センター、共通研究開発分野
 アステラス製薬(兼任)

 DNA複製ストレスによる染色体不安定性と抗腫瘍免疫活性化の分子機構
 -CDC7 inhibition induces replication stress-mediated aneuploid cells
 with an inflammatory phenotype sensitizing tumors to immune checkpoint
 blockade-


懇親会
 午後8時ごろより 
 @Bacchus of Lebanon (7945 Norfolk Ave)
*******************************************************





2024年3月22日金曜日

第七回NY野口英世奨学金2024

 

ニューヨーク野口英世記念会が主催する野口英世記念奨学金の募集が今年も始まります。アメリカの医学・生命科学に従事する大学院生もしくはポスドクの方からの応募をお待ちしております。研究業績だけでなく優れた人間性を併せ持つ研究者・学生に授与されます。詳細は下記を参考にしてください。たくさんの方からの応募をお待ちしております。締め切りは4/7です。質問は樋口宛(higuchis@stjohns.edu)でも結構です、もしくはスカラシップコミッティ(nyhnms.scholarship@gmail.com)に直接していただいても結構です。

https://www.jmsa.org/2024/02/18/7th-new-york-hideyo-noguchi-memorial-scholarship-2024/





2024年3月18日月曜日

第215回金曜会のお知らせ

215 金曜会ではNHLBIの向山洋介先生とJSPSワシントンオフィスより、海外特別研究員NIHフェローシップ(海特NIH)(ハイブリッド開催)について紹介していただきます。

 

CVには書かれていない苦労話」と題しました、向山洋介先生とNCIの藤井健夫先生による若手研究者のキャリアパスを踏まえたパネルディスカッションの後、海特NIH応募に関する注意点等をJSPSワシントンオフィスの小松崎佑樹氏よりご説明いただきます。

 

今回のセミナーは、日本人PIとしてNIHで活躍される先生方とキャリア・ディベロップメントについて意見交換する貴重な機会です。海特NIHへの申請を考えている方はもちろん、応募予定の無い方も奮ってご参加ください。

 ************************************************ 

 215 金曜会(2024329日)

セミナー:午後6時(EDT)より、Building 37, Room 4041/4107 (ハイブリッド)

  演題12024年度JSPS海外特別研究員(NIH)のご案内

    JSPSワシントン研究連絡センター 副センター長 小松崎佑樹

  演題2CVには書かれていない苦労話

   演者:向山洋介 先生(NHLBI)、藤井健夫 先生(NCI

      (パネルディスカッション)

 

懇親会:セミナー終了後 (Rock Bottom Bethesda)

 

*オンライン参加登録された方にのみ講演会のzoomリンクをお送りします。

 

向山先生研究室HP 

https://www.nhlbi.nih.gov/science/stem-cell-and-neurovascular-research

藤井健夫先生研究室HP 

https://ccr.cancer.gov/staff-directory/takeo-fujii

 

************************************************



2024年2月21日水曜日

第214回金曜会のお知らせ

 214の演者はNCIでポスドクをされている大原悠紀先生です。このたび5年のNIH留学を終えて帰国されるに当たり、これまでの研究成果とラボでの様々な経験をお話しいただきます。

先生は膵臓癌をターゲットに遺伝子・タンパク質発現レベルの解析と代謝産物レベルの解析を組み合わせる事で、個々の癌を代謝パターンで分類する事を示され、今後のテーラーメード医療への足掛かりとなる成果を上げてこられました。2023-24年にハイレベルなジャーナルに3報を発表されてますが、その裏にはコロナ禍やボスの闘病と逝去など、様々な出来事があった様子です。大原先生のNCIにおける文字通りのサバイバル経験談、是非多くの皆様にお越しいただければと思います。

 

******************************************************************************

214回金曜回(202438日)

 

講演会:午後6時より

Building 374階カンファレンスルーム(Room 4041/4107

 

演者:大原悠紀先生(NCI

演題:オミクス解析による膵臓がんの代謝・分子サブタイプの誘導メカニズムの解明 〜閉鎖寸前のラボでのサバイバル〜

 

懇親会:午後8時ごろより、 ( Guapo's Restaurant, Bethesda)

************************************************************************************



2024年2月6日火曜日

第213回金曜会のお知らせ

今回の演者はNHLBIPIをされている明楽隆志先生です。先生には2021年のキャリアディベロップメントセミナーにおいてオンラインでお話をいただきましたが、今回はIn Personで先生の研究されておられます卵母細胞の分裂と哺乳類の種分化との関わりについてお話しいただく予定です。もちろん、現在のポジションを得られるまでのアメリカでの就職活動の経験談もお願いしています。これらに加え、アメリカ生活における明楽先生の様々な挑戦についてもお話しいただく予定です。

 

NIHの若手日本人PIの先生と交流できる貴重な機会でもありますので、ぜひ多くの皆様にお越しいただければと思います。

 

********************************************************

213回金曜会 2024223日(金)

 

講演会:午後6時(EST)より

Building 37, 4階カンファレンスルーム (Room #4041/4107)

 

演者: 明楽 隆志 先生(NHLBI

 

演題:細胞生物学で解き明かす哺乳類の種分化のメカニズム

 

懇親会:午後8時ごろより 

RockBottom Restaurant & Brewery (Bethesda)

********************************************************


要旨

生殖的隔離は、種分化に中心的な役割を果たす進化の原動力である。一般に、二つの個体群がそれぞれのゲノムに異なる変異を蓄積していくと、ゲノム間に遺伝的な不適合 (genetic incompatibility) が生じ、雑種が致死または不妊になる。これが二つの個体群の間で生殖的隔離が起きる仕組みである。例えば雑種が不妊の場合、減数分裂のプロセスに何らかの不適合が生じていると予測できる。しかし実際に減数分裂のどのステージでどのような遺伝子が不適合を起こしているのかは、明らかになっていないケースが多い。特にメスの減数分裂に注目した先行研究は無かった。そこで私達はマウスモデルを用いてこの謎に立ち向かい、雑種メス不妊が種分化に寄与するメカニズムを明らかにした。
当日は私達の研究内容に加え、9年間のアメリカ生活の間に経験した海外での就職活動、そして宇宙飛行士選抜への挑戦に関してもお話しできればと思っております。

略歴
2014年に東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻にて博士号を取得後、米国ペンシルベニア大学にて博士研究員として勤務。2019年に米国NIHにて研究室を立ち上げ、細胞分裂と進化の研究に明け暮れる。2022-2023年には宇宙飛行士選抜を受験。2024年は新しいモデル生物に挑戦する一年にしたい。