2021年3月10日水曜日

第177回金曜会のお知らせ

 今回の演者はNIDCDの太田将先生です。

太田先生は熊本大学2006年に博士号を取得され、ユタ大学を経て、2017年からNIDCDResearch Fellowをされています。所属するDoris Wu研究室は、内耳組織および、内部の有毛細胞によって生み出される組織の極性の獲得機構について研究を進めています。そして今回、転写因子Emx2が有毛細胞の極性の決定に重要であること、またEmx2を発現している細胞は必ず、ニューロマストの前方に配置されることを明らかにされました。 [Ohta et al, elife, 2020, Dec 30;9:e60432]

今回の金曜会セミナーでは研究成果に加え、Computer Graphicsを使ったサイエンティフィックアニメーションの作り方についてもお話していただける予定です。

*********************************************
177回金曜会
日時:202142日(金) 午後6時(EST)より
演者:太田 将先生(NIDCD
演題:『Zebrafishニューロマストの有毛細胞におけるRockn Roll運動と細胞極性の獲得』
懇親会:セミナー終了後、オンラインにて
★参加登録いただいた方に講演会リンクを送信いたします★

*********************************************


2021年2月25日木曜日

第176回金曜会のお知らせ

今回はNHLBIの向山洋介先生とJSPSワシントンオフィスの貴舩永津子氏に、海外特別研究員NIHフェローシップ(海特NIH)について紹介していただきます。

 海特NIHの紹介の前に、向山先生より「CVには書かれていない苦労話」と題しまして、最近NHLBIのPIとして着任された明楽隆志先生と水野直子先生をパネリストにお迎えし、若手研究者のキャリアパスを踏まえたパネルディスカッション形式の講演をしていただく予定です。 続いて、海特NIH応募に関する注意点等をJSPSワシントンオフィスの貴舩氏よりご説明いただきます。

今回のセミナーは、日本人PIとしてNIHで活躍される先生方とキャリア・ディベロップメントについて意見交換する貴重な機会です。海特NIHへの申請を考えている方はもちろん、応募予定は無い方も奮ってご参加ください。

 ************************************************ 
第176回 金曜会(2021年3月19日)  

セミナー:午後6時(EDT)より、Webexによるオンラインセミナー   
 演題1:履歴書には書かれていない苦労話   
 演者:向山洋介先生(NHLBI)、水野直子先生(NHLBI)、明楽隆志先生(NHLBI)   
 (パネルディスカッション)   

 演題2:2021年度JSPS海外特別研究員(NIH)のご案内  
 演者:貴舩永津子氏(JSPSワシントン研究連絡センター、副センター長)  

懇親会:セミナー終了後

★参加登録いただいた方に講演会リンクを送信いたします★ ************************************************ 
注)3/19 6:00pm (EDT)=日本時間3/20 7:00am 

 向山先生研究室HP 
https://www.nhlbi.nih.gov/science/stem-cell-and-neurovascular-research 
明楽先生研究室HP 
https://www.nhlbi.nih.gov/science/chromosome-dynamics-and-evolution 
水野先生研究室HP 
https://www.nhlbi.nih.gov/science/laboratory-structural-cell-biology

2021年2月19日金曜日

第175回金曜会のお知らせ

 第175回金曜会では、NCIのPediatric Oncology Branchに所属されている渋谷先生に講演していただきます。

渋谷先生は、インフルエンザ感染モデルを用い、細胞障害性CD8+T細胞におけるThymic stromal lymphopoietin (TSLP)シグナルの機能を解明されました(Risa Ebina-Shibuya et al. eLife. 2021)。

また、留学中にラボを移られた経験や、帰国後の研究キャリアについてもお話ししていただく予定です。

皆様是非奮ってご参加ください。


今回もオンライン開催です。参加希望者には事前にアクセスリンクをお送りいたしますので、お早めに参加登録をよろしくお願いいたします(直前のご登録には対応しかねる場合がございます)」

 

*********************************************

第175回金曜会

日時:2021年2月26日(金) 午後6時(EST)より

演者:渋谷 里紗先生(NCI)

演題:『細胞障害性CD8+ T細胞におけるTSLP の機能解析』

懇親会:セミナー終了後、オンラインにて

★参加登録いただいた方に講演会リンクを送信いたします★

 *********************************************



2021年2月9日火曜日

第174回金曜会のお知らせ

 今回の演者はNCIの岡田隆平先生です。

 

岡田先生は小林久隆研究室にて光免疫療法に関連する研究に従事されていましたが、この3月に3年間の留学を終えて帰国される事になり、当地での研究成果をご発表いただく事になりました。

 

光免疫療法についての包括的なお話は、先月の第171回金曜会におきまして小林先生にご講演いただきましたが、岡田先生からはポスドクとして実験をされた経験を元に、今回はまた違った側面から詳しいお話がいただける事と思います。

 

なお岡田先生は日本におきましては耳鼻科医として臨床に携わってこられ、特に頭頸部外科を専門とされておられました。留学に至るまでの経緯や、ご帰国後の研究の展望についてもお話いただく予定です。


セミナー・懇親会ともWebexを用いたオンラインでの開催となります。Webexへのリンクは、参加者のみにお送りいたします。参加ご希望の方はお早めに以下のフォームから参加登録いただきますようよろしくお願い申し上げます(当日直前のご登録には対応しかねる場合がございます)。




*********************************************

第174回金曜会(Webexオンラインセミナー)

日時:2021年2月19日(金) 午後6時(EST)より

演者:岡田 隆平先生(NCI)

演題:『腫瘍内免疫抑制性細胞を標的とした近赤外光線免疫療法』


懇親会:セミナー終了後、オンラインにて


★参加登録いただいた方に講演会リンクを送信いたします★

*********************************************

2021年1月22日金曜日

第173回金曜会のお知らせ

 173回の演者は南宮湖先生です。


2018年より金曜会幹事として、また、当地の日本人コミュニティーのマグネットとして多くの方と親睦を深められてきた南宮先生ですが、このたび本帰国の段取りとなり、その前に講演を賜ることとなりました。
渡米前より呼吸器内科医として感染症、特に非結核性抗酸菌(NTM)感染症を専門として研究してこられましたが、それに加えて在米中に発生したCOVID-19についても精力的に研究を行っておられます。
世界中の研究室にネットワークを広げて共同研究を遂行するその姿には多くの方がポジティブな影響を受けられたのではないかと思いますが、今回はそんな在米中のお仕事について、研究のみならずグラント獲得に関することまで総括してお話をいただきます。

なお、懇親会の宴題3は南宮さんご本人に幹事を担当いただきます。
史上初のセルフ幹事による懇親会ということで、ぜひぜひ、多くの皆様にご参加いただけることをお待ち申し上げております。



**************************************************************************
173回オンライン金曜会

日時:202125() 午後6(EST)より

演者:南宮湖先生(NIAID)

演題1「呼吸器感染症の疾患感受性遺伝子 ~国際共同研究から見えてきたもの~」
演題2NIHポスドクでも応募できるグラント申請」
宴題3TBD」(最終特別講宴)

参加登録いただいた方に講演会リンクを送信いたします

**************************************************************************



第172回金曜会のお知らせ

 129日(金)開催の第172回金曜会では、東北大学よりguest researcherとしてNCI Bhandoola Labに所属されている石河先生に講演していただきます。

石河先生はGap junctionを専門に研究されており、発生、免疫と分野を超えたGap junctionの新しい知見とともに、ペンシルベニア大学への異動の経緯を含めたアメリカと日本での研究者キャリアについてもお話ししていただく予定です。

皆様是非奮ってご参加ください。


今回もオンライン開催です。参加希望者には事前にアクセスリンクをお送りいたしますので、お早めに参加登録をよろしくお願いいたします(当日直前のご登録には対応しかねる場合がございます)。


*********************************************
172回金曜会
日時:2021129日(金) 午後6時(EST)より
演者:石河 真幸 先生(NCI
演題:『Gap junction biology ~環境と人~
懇親会:セミナー終了後、オンラインにて
参加登録いただいた方に講演会リンクを送信いたします

*********************************************



2020年12月11日金曜日

第171回金曜会のお知らせ

 202118日午後6時(アメリカ東部時間)よりNCIの小林久隆先生に「がんの近赤外光線免疫療法:日本での薬事承認を受けての今後の展望」と題して講演を賜ります。先生が開発された近赤外光線免疫療法は日本で認可されたのを皮切りに、世界中で実臨床での使用が始まろうととしています。今回は、その基礎的側面から臨床応用に至るまでの道のりも含めてお話をいただきます。


話題の新規治療について最新のお話を伺えるのみならず、NIHの日本人PIである小林先生と交流できる良い機会でもありますので、多くの方のご参加をお待ちしております。

なお、今回もWebexを用いたオンライン開催です。参加希望者には事前にミーティングのアドレスをお送りいたしますので、お早めに参加登録をよろしくお願いいたします(当日直前のご登録には対応しかねる場合がございます)。


*********************************************
171回金曜会
日時:202118日(金) 午後6時(EST)より
演者:小林久隆先生(NCI
演題:『がんの近赤外光線免疫療法:日本での薬事承認を受けての今後の展望』

懇親会:セミナー終了後、オンラインにて

参加登録いただいた方に講演会リンクを送信いたします

*********************************************